Not logged in : Login
(Sponging disallowed)

About: Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : yago:Wikicat2011Singles, within Data Space : linkeddata.uriburner.com associated with source document(s)
QRcode icon
http://linkeddata.uriburner.com/describe/?url=http%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fresource%2FBach_no_Senritsu_o_Yoru_ni_Kiita_Sei_Desu

"Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu" (Japanese: 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 Hepburn: Bahha no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu., "It's Because of Listening to Bach Melodies at Night") (Japanese pronunciation: [bah:anosenɺitsɯojoɺuniki:taseidesɯ̥]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a single in July 2011, one month before the band's fifth album Documentaly.

AttributesValues
type
dbpprop:cover
  • SakanaBach.jpg
dbpprop:thisSingle
  • "Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu"
sameAs
format (object)
runtime (m)
  • 4.0
album
musical artist
musical band
previous work
record label
release date
runtime (s)
sound recording
subsequent work
dbpprop:recorded
hypernym
has abstract
  • "Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu" (Japanese: 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 Hepburn: Bahha no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu., "It's Because of Listening to Bach Melodies at Night") (Japanese pronunciation: [bah:anosenɺitsɯojoɺuniki:taseidesɯ̥]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a single in July 2011, one month before the band's fifth album Documentaly. A pop and electro song inspired by the band's vocalist Ichiro Yamaguchi experience of listening to the music of German composer Johann Sebastian Bach while falling asleep, "Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu" was praised by Japanese music critics for its progression, "literary" lyrics, the integration of choral vocals and four on the floor rhythm. The song's music video, featuring Yamaguchi dancing simultaneously with mannequins connected to him by metal bars was well received by critics, winning the 2012 Space Shower Music Video Awards award for the Best Video of the Year. The song was a commercial success, being certified gold by the Recording Industry Association of Japan for 100,000 paid downloads.
  • 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」(バッハのせんりつをよるにきいたせいです)は、日本のバンド、サカナクションによる楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって制作されたこの楽曲は、音楽性としてはダンス・ミュージックやオルタナティブ・ロックの要素を持つエレクトロ・ダンスソングであり、4つ打ちをベースとしたビートで構成されている。楽曲は、ファースト・コーラスはダンス・サウンドで展開されるものの、セカンド・コーラスではバンド・サウンドへと変化する。更にセカンド・コーラス後のブレイクでは、楽曲タイトルにもなっているバッハの音楽がフィーチャーされている。 この楽曲は2011年6月、同名のシングルとしてリリースされた。シングルのアートワークはデザイン集団Hatosが手がけており、デザインはドイツで行われた。ジャケット写真は、山口の自宅での一場面を写した写真と楽曲タイトルのドイツ語訳を合わせたものとなっている。この楽曲は音楽評論家から賛否両論の評価を受けた。批評家の中にはサウンド、リズム、メロディといった様々な要素をシンプルに凝縮してまとめた点を評価したものもいたが、一方ではこうした作り方によって楽曲の情感や爆発力が不足することになったと指摘する批評家もいた。楽曲は日本のフィジカル、ダウンロードチャート双方にチャート・インした。また、RIAJ有料音楽配信チャートでは最高位30位を記録した。 付随する楽曲のミュージック・ビデオでは田中裕介が監督を努め、「ねじれていく世界」が描かれたビデオはエンターテインメント性と芸術性が追求された。ビデオは薄暗い洋室の中での山口本人と4体の山口の分身「山口人形」によるダンスや、女優の麻生久美子演じる女性とのラブシーンが繰り広げられる内容となっている。サカナクションはこの楽曲を2011年のコンサート・ツアー『SAKANAQUARIUM 2011“ZEPP ALIVE”』で初披露しており、更に楽曲は『ミュージックステーション』や『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『SWEET LOVE SHOWER』でも演奏されている。
thumbnail
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
dbpprop:title
  • Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu
  • Light Dance
  • Years
wasDerivedFrom
genre
has a SPARQL endpoint at
mainEntity">mainEntity
dbpprop:caption
  • Physical and digital EP editions' cover
dbpprop:alt
  • A man in a fetal position at the foot of a washing machine, with German words over top of the image.
label
  • 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
  • Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu
comment
  • "Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu" (Japanese: 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 Hepburn: Bahha no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu., "It's Because of Listening to Bach Melodies at Night") (Japanese pronunciation: [bah:anosenɺitsɯojoɺuniki:taseidesɯ̥]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a single in July 2011, one month before the band's fifth album Documentaly.
  • 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」(バッハのせんりつをよるにきいたせいです)は、日本のバンド、サカナクションによる楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって制作されたこの楽曲は、音楽性としてはダンス・ミュージックやオルタナティブ・ロックの要素を持つエレクトロ・ダンスソングであり、4つ打ちをベースとしたビートで構成されている。楽曲は、ファースト・コーラスはダンス・サウンドで展開されるものの、セカンド・コーラスではバンド・サウンドへと変化する。更にセカンド・コーラス後のブレイクでは、楽曲タイトルにもなっているバッハの音楽がフィーチャーされている。 この楽曲は2011年6月、同名のシングルとしてリリースされた。シングルのアートワークはデザイン集団Hatosが手がけており、デザインはドイツで行われた。ジャケット写真は、山口の自宅での一場面を写した写真と楽曲タイトルのドイツ語訳を合わせたものとなっている。この楽曲は音楽評論家から賛否両論の評価を受けた。批評家の中にはサウンド、リズム、メロディといった様々な要素をシンプルに凝縮してまとめた点を評価したものもいたが、一方ではこうした作り方によって楽曲の情感や爆発力が不足することになったと指摘する批評家もいた。楽曲は日本のフィジカル、ダウンロードチャート双方にチャート・インした。また、RIAJ有料音楽配信チャートでは最高位30位を記録した。
name
  • Bach no Senritsu o Yoru ni Kiita Sei Desu.
topic
depiction
  • External Image
described by
Subject
is primary topic of
url
dbpprop:collapsed
  • no
dbpprop:headline
  • Physical single, digital EP
  • digital download
dbpprop:length
  • 240.0
  • 249.0
  • 266.0
dbpprop:note
  • Raito Dansu
dbpprop:language
writer
producer
dbpprop:format
dbpprop:allWriting
  • Ichiro Yamaguchi
dbpprop:totalLength
  • 240.0
  • 755.0
is sameAs of
is previous work of
is subsequent work of
is primary topic of
is Wikipage redirect of
is dbpprop:title of
Faceted Search & Find service v1.17_git44 as of Nov 17 2019


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 08.03.3315 as of Oct 25 2019, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (378 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2019 OpenLink Software